白ニキビを潰した跡を消すには?

白ニキビを潰した跡を消すには?

白ニキビが気になって、つい手で押し潰したりしませんか?かくいう管理人も何度も何度も潰したことか…。

 

あいにくニキビ跡ができてしまいましたが、根気よくケアを続けたことで跡があまり目立たなくなってきました。
白ニキビの跡が残っていないのなら、徹底的にニキビケアを行いましょう。

 

最近の医学進歩のおかげで、ニキビ跡をより簡単に目立たなくする方法が登場してきました。

 

ここでは、白ニキビの跡を目立たなくする治療法について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

白ニキビ跡ができてしまったら?

もし白ニキビをつい潰して炎症を起こして待っているのなら、すぐに皮膚科へ行くようにしてください。
というのは、一度できてしまったニキビ跡を完全に治療するのに時間がかかるからです。

 

早めにケアを施さないと肌が凸凹になったり、色素沈着を起こしやすくなるのです!
ましてや白ニキビが炎症がが起きている時に押し潰したりすると余計に悪化するので、気をつけたいものです。

 

とにかく白ニキビができた初期段階で潰すのはNGで正しいケアを施すことが、跡を残らずに済みます。

 

では、白ニキビの跡が残ってしまった!という時、どうすればいいのでしょうか?
もはや、ご自身で化粧品によるケアや自然による回復では難しいかもしれません。

 

でも最新の美容技術で、白ニキビの跡を薄くしてキレイにする、次の治療法があります。

マイクロピーリング
ケミカルピーリング

 

マイクロピーリングってどんな方法?

踵の角質を軽石で削り取るように肌表面を研磨していく方法です。
表面を研磨していくわけですから、クレーター状になったニキビ跡に効果的で、凸凹な肌を滑らかにしてくれるのです。
真皮の奥深くまで働きかけて、そこから皮膚の新しい再生を促すわけです。

 

ケミカルピーリングとは違って、薬品を使うことはありません。

 

ケミカルピーリングってどんな方法?

これは肌の古く角質層を優しく取り除いてキレイにする方法です。
普段の洗顔では落とせない毛穴の汚れや角質層にあるシミやくすみも薄くしたり除去したりと、健康な皮膚を取り戻すのです。

 

ピーリングは肌表面に酸を塗布するので、ピリピリと引っ張られるような刺激を少なからず感じることもあります。
でも火傷や真っ赤になって腫れあがるようなことはありません。

 

ケミカルピーリングは一度施術してもらえれば、それで終わりということではありません。
クリニックによりますが、ニキビはもちろんシワやシミを改善するには一般的には2週間に1回ほどのペースで、全部で5〜6回の治療を行うことになります。

 

スポンサーリンク

 

レーザーが白ニキビ跡の治療として主流

もし肌の表面がクレーター状であれば、次のようなレーザー治療が主となる場合が多いです。

フォトフェイシャル

これは顔全体に特殊な光を当て、色素沈着しまったメラニンにダメージを与ると同時にコラーゲンの再生を活性化させる光治療です。
光のエネルギーでによって、ニキビ菌を死滅させてニキビによる赤みや膿を持ったニキビまで治療します。

 

フラクセル

レーザー照射で目に見えない極小の穴を無数に空けて、人間の持つ本来の再生能力で新たな肌細胞を作り出し、ダメージを受けた皮膚が新しく生まれ変わるための方法です。
3〜6ヶ月ほどで効果が現れますが、費用が50万以上かかるという難点があります。

 

クリアタッチ

光と熱の相乗効果でニキビを徹底的に治療し、皮脂の過剰分泌でできてしまったニキビに効果を発揮します。
赤色光は赤みや炎症を抑える光で、青〜緑色光はニキビ菌をやっつける光となっています。

 

アブレーション

皮膚を削って凸凹のニキビ跡を改善する治療法です。
デメリットとしては腫れが引いて落ち着くまで約2週間かかることです。上の治療法と比べて術後のケアをしっかり行なう必要があります。

 

 

例え白ニキビの跡ができたとしても、レーザー治療によって改善できるというわけです。
それぞれの方法を使って、ニキビの治療前後の写真をサイトで確認できますので、気になる方は見てみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク


page top