白ニキビができないようにするには?

白ニキビができないようにするには?

一度顔に白ニキビができてしまったことのある人なら分かると思いますが、ポツンと意外と大きくて目立ちますよね。しかも痛みが伴うので、洗顔する時に大変な思いをされた人も多いのでは?
化粧する時も思う通りにできなく、イライラして途方にくれてしまった人もいることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

白ニキビが発生しないためには?

白ニキビはいわゆるニキビの初期段階ですが、もしケアをせずに放置しておくと、黒ニキビや赤ニキビへと進化し、取り返しのつかないことになってしまいます。
白ニキビは炎症を起こす前段階のニキビですが、もし外的な刺激を与えるとニキビが余計に悪化していまいます。

 

例えば、洗顔の際に手でゴシゴシしたり、前髪や髪の毛で多大な刺激を与えないように気をつけることですね。
意外と見逃しやすいのですが、シャンプーやリンスの洗い残しも刺激になるので、洗い残しのないように気をつけましょう。

 

白ニキビがもう二度と発生しないためには、やはり肌を清潔に保つことも大切です。
そのため、低刺激の洗顔料などでしっかりと洗顔することも大切ですね。

 

ぬるま湯でしっかりと泡立てた洗顔料で優しく包み込むように洗うことが大切なポイントです!
回数に関しては、洗顔は1日に3回程度が理想です。

 

ただ洗いすぎは皮膚を乾燥させ、かえって皮脂を過剰に分泌させてしまいます。
洗顔後は薬用化粧水や刺激の少ない化粧水でしっかりと保湿すると、過剰な皮脂を抑えることができます。

 

この保湿がとても重要なポイントですよね。

 

また、白ニキビは食生活や睡眠不足など、生活習慣の乱れによっても起こります。

 

脂質やたんぱく質、糖質の多い食事はニキビを増やす原因になります。
基本は野菜をベースにした食事を、そして、バランスの取れた食事を摂るように心がけるとよいでしょう。

 

ストレスや睡眠不足などは自律神経やホルモンバランスを乱します。
ホルモンバランスや自律神経が乱れると、皮脂が過剰に分泌されるだけではなく、体の免疫力も下がります。

 

もし免疫力が下がると、肌の細菌に対する防御力が低下するので、白ニキビができやすくなってしまいます。
日頃から風邪がひきやすい人は免疫力が低下していると思ってくださいね。

 

その一方で、良質な睡眠を確保することも大切なポイントになります。
睡眠不足は肌の新陳代謝を妨げ、肌トラブルを起こしやすくします。

 

肌の新陳代謝は午後10時から午前2時ごろ、いわゆるシンデレラ・タイムという時間帯により活発になりますから。
ですので、白ニキビを予防するには、早寝するなど十分な睡眠が大切です。

 

スポンサーリンク


page top