オロナインは白ニキビのケアになる?

オロナインは白ニキビのケアになる?

オロナインを白ニキビのケアとして塗る人がいると、ネット上で多数見られますよね?
確かにオロナインは、昔から万能薬として知られており、白ニキビの改善に役立ちます!

 

オロナインには患部を乾燥させて早く治す働きがあることから、白ニキビが発生した時には効果的だと思います。

 

ここでは、オロナインは白ニキビのケアになるかどうかをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

ニキビにオロナインでケア?

実は、オロナインには殺菌作用があります。
殺菌作用があるということは、肌の炎症を抑えてくれるということになります。

 

ニキビの原因はアクネ菌という厄介な菌の増殖によるものですから、オロナインはニキビを治すのに効果的といえます。
さらに、オロナインは軟膏なので患部に塗ると肌がしっとりとし、肌のかゆみを抑える効果もあります。

 

かゆみを抑えるという点で、乾燥肌の方には特にオススメです。

 

ただしオロナインが特に効果を発揮するのは、炎症を起こしてできる赤ニキビです。
例えば鼻部位に急に発生した赤ニキビがそうです。

 

色素沈着を起こして発生した黒ニキビやニキビ跡などでは残念ながら期待できません。
したがって比較的ニキビの初期段階である、赤ニキビができたらすぐにオロナインを塗るようにしてください。

 

そしてオロナインを塗る量にも注意が必要です。オロナインには油分が含まれているので塗りすぎは逆効果です。
油分で毛穴を塞いでニキビを悪化させる可能性もあるため、早く治したいからと多量に塗るのは控えてください。

 

塗り方ですが、患部に指先でオロナインを少量ポンポンッと軽くたたきつけるように塗ればOKです!
値段も安く、手に入りやすいオロナインを正しく使って、頭皮ニキビの治療に役立ててください。

 

難点は、ベタベタしやすいところでしょうか?
夏場だと汗かきやすくなるので、この汗でオロナインがベタベタになってしまうかもしれませんが…。

 

広範囲にオロナインを塗るとニキビのない部分の肌が乾燥してしまうため、綿棒などを使ってポイントでつけたほうがいいでしょう。

 

また洗顔の時、オロナインの成分が残らないように落ちることも必要になります。
そうしないとオロナインの成分が肌に残り、結果的には毛穴をふさいでニキビが増発してしまいます。

 

このように、ニキビケアとしてオロナインを使うこと自体は間違っていませんが、あくまでも一時的でニキビの予防にはなりません。
根本的にニキビのできづらい肌にするためには、生活習慣とスキンケアの見直しを行なってください。

 

スポンサーリンク


page top