ちょっとしたストレスが原因で顎ニキビができる!

ちょっとしたストレスが原因で顎ニキビができる!

ホルモンバランスが乱れがちな人は顎ニキビの発症の大きな原因となります。
ちょっとしたストレスがホルモンバランスを乱す要因となるので、普段からホルモンバランスを正常に保つことを意識したいものです。

 

自分は何気なくストレスを感じていなくても、日常生活のさまざまな場面で想像以上にストレスに晒されているはずです。
心当たりありませんか?

 

ここでは、ホルモンバランスが乱れる要因と対策について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

ホルモンバランスが崩れる原因は?

ストレスを感じる年齢別に言うと、30歳代で71.8%以上40歳代で79.8%と7割を占めています。

 

ストレスをよく感じる原因は、「人間関係」と「家庭事情」が多いとされています。
長期にわたるストレスが原因で、生活習慣病や摂食障害、睡眠障害など身体の健康にさまざまな悪影響を及ぼすことがあると報告があります。

 

だから、30歳以上の人はストレスが原因で顎ニキビが発生しやすいわけですね。
一般的に、ストレスは男性よりも女性の方が多いとデータがあり、女性は人間関係だけでなく、「家事や育児」でストレスをより感じやすくなるのです。

※上記のデータは、ト「中央調査社」サイトから参照しました。
URL:https://www.crs.or.jp/backno/old/No571/5712.htm

 

ストレスが溜まると自律神経が乱れます。
自律神経が乱れてしまうと、女性の場合は女性ホルモンではなく男性ホルモンの分泌量が過剰に分泌してしまいます。
この男性ホルモンの分泌量が多くなれば、皮脂量が過剰に分泌されて顎ニキビが発症しやすい状況に陥ります。

 

 

ホルモンバランスを整えるには?

まずストレスを適切にコントロールすることが顎ニキビの基本的な治し方といえます。
ストレスは日々生活していれば少なからず溜まってしまうものなので、上手く発散させることが重要なのです。

 

例えば趣味に没頭する時間を少しでよいから作るとか、スポーツをする、食べ歩きをするというのでもよいと思います。

 

ただ食べ歩きの種類、脂ものばかり、スイーツばかりというのでは皮脂分泌が多くなってしまうかも知れませんが、それが結果的にストレスの軽減につながり、顎ニキビの対策になるのです。

 

自分次第で、顎ニキビは解消されるといえます。
ホルモンバランスについてよく考えてみて、普段の行動を見直してみましょうね。

 

スポンサーリンク


page top