生理前後は顎に白ニキビができやすい?

生理前後は顎に白ニキビができやすい?

女性には、毎月生理というものがきますよね?当たり前だとは思いますが、この生理の影響で身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
この生理前後には、周知の通り、口周りや顎にニキビもできやすい状態になっているのです。

 

ここでは、なぜ生理前後に顎にニキビができやすいのかを説明しています。

 

スポンサーリンク

 

生理前に顎ニキビができやすい?

生理前になると、一時的に黄体ホルモンの活動が活性化され、分泌量が多くなります。
この黄体ホルモンは女性ホルモンの1つですが、働きとしては、実は、男性ホルモンに似通っています。
男性ホルモンは皮脂分泌を過剰に起こさせるため、生理前に顎ニキビが急に増え出すこともあるのです!

 

男性の場合は、顎の毛穴がヒゲのおかげで常に開いた状態となっているので、皮脂が過剰に分泌されてもスムーズに体外に排出されます。
一方、女性の顎の毛穴はいつも閉じたままなので、そこに皮脂が溜まってしまい、それが原因で顎ニキビが発生します。

 

生理が終われば自然に治るのですが、問題は生理後です。
生理後には黄体ホルモンが急激に減少するため、またホルモンバランスの乱れが生じ、ニキビがより悪化しまうこともあります。

 

さらにストレスも加わると顎ニキビの症状が長引いてしまうのです。
精神的なストレスの影響によって、ホルモンバランスが崩れることがあるのを聞いたことがあるかと思います。

 

ホルモンバランスとストレスは密接な関係にあるのです。
生理前後の顎のニキビに対しては、特別なケアをしなくても大丈夫かと思いますが、いつもより洗顔を丁寧に行ったりストレスを溜めたりしないようにと気をつけた生活を心がけてください。

 

またストレスの適度に解消してあげ、常にホルモンバランスを正常に保持することが大切です。
睡眠中に分泌される成長ホルモンは肌の改善にも欠かせないので、きちんと睡眠確保することが顎ニキビ解消の第一歩となります。

 

スポンサーリンク


page top