レチノイン酸が胸ニキビに効果的?

レチノイン酸が胸ニキビに効果的?

胸のニキビに効果がある成分として「レチノイン酸」と「アゼライン酸」が挙げられます。
まずレチノイン酸から説明します。

 

レチノイン酸とはニキビ治療として使われている成分で、海外ではニキビに効く治療医薬品としてFDAに認可されており、非常に多くの患者に皮膚の若返り薬として使用されているビタミンA誘導体です。

 

ここでは、レチノイン酸の効果や副作用について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

レチノイン酸が胸ニキビに効果的?

レチノイン酸には次のような作用があります。

古い角質をはがす作用
皮膚のターンオーバーを促進させる
皮脂の分泌も抑え、真皮のコラーゲンを生成する

 

真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には皮膚の張り小じわの改善をもたらしてくれるのです。これだけの高い効果が望める薬ならすぐにでも使いたい人がいると思いますが、作用が強力な分、濃度が高いと皮がむけ、赤く腫れることがあるので十分注意してお使いください。

 

レチノイン酸を長く使うことで、ニキビなどによる皮膚の凸凹も改善されます。でも塗った部分が炎症のように赤くなり、薄皮がむける、刺激感といったリスクが伴うことがあります。

 

このように、レチノイン酸は海外では広く使われているニキビの治療薬ですが、副作用が大きくトラブルも多いようです。

 

また日本では保険がきかないため自費診療となります。いずれにしろ、医師の指導の下、適切に使用してください。

 

 

レチノイン酸の副作用は?

レチノイン酸を使う副作用としては、皮膚炎を起こして炎症後色素沈着を併発する可能性があります。
この場合は治療を中止しなければなりません。
また、レチノイン酸の副作用には催奇性リスクがあります。レチノイン酸を使って治療中は妊娠を避けなくてはなりません。
レチノイン酸を使用してからの治療は短期間では終わらず、長期的に考えて治療をするかどうか決めていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

アゼライン酸で胸ニキビを治せる?

アゼライン酸は穀物に含まれる天然物質で、ニキビの抗菌作用や酸によってピーリングのような働きによって、毛穴の詰まりを防ぎます。
また抗男性ホルモンの働きがありますので、皮脂の分泌を抑えてくれたり薄毛の改善に役立ちます。

 

アゼライン酸という成分を聞いたことがありませんか?
海外ではポピュラーなニキビ治療薬として使われているのですが、国内では医薬品としてはなく主に化粧品として使われています。

 

レチノイン酸と同様、アゼライン酸も胸ニキビに効果がある成分と言われているのですが、これは本当なのでしょうか?

 

ここでは、アゼライン酸の効果や副作用、注意点など説明しています。

 

 

アゼライン酸が胸ニキビに効果的?

本来、アゼライン酸はメラニン生成を抑制する作用があったことから美白剤として使われていました。
美白剤として使っていたら、ニキビの改善にも効果があると臨床テスト中に発見されたようです。

 

アゼライン酸には次のような作用があります。

古い角質をはがす作用
抗酸化作用
メラニン生成の抑制
抗炎症作用
皮脂の分泌抑制

 

このようにアゼライン酸はシミや肝斑など肌トラブルの改善に役立つ成分であることが分かります。
しかも殺菌作用もあることから、アクネ菌を始めとするニキビの原因菌をやっつけてくれます!

 

 

アゼライン酸の副作用や注意点は?

アゼライン酸の副作用には重大なものがありません。
ただピーリングのような作用があるので、肌に塗布した時の刺激感が多少感じるかもしれません。
とはいえ、レチノイン酸よりも刺激が少ないので炎症は起こしにくいとされています。
しかもサリチル酸よりも刺激量が少ないから、炎症の起こった肌でも安心して使えると思います。

 

ハイドロキノンとトレチノインのようは美肌成分があるのですが、それに比べてアゼライン酸は美白の効果がやや弱いというデメリットがあります。でも逆に言えば、ハイドロキノンやトレチノインに比べて副作用や制限が少なく、美肌とニキビの改善を両立できます。

 

ただ効果が出るまでに多少の時間がかかるため、即効性を求めたいのであればハイドロキノンやトレチノインの方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク


page top