ミョウバンで胸ニキビを治す?

ミョウバンで胸ニキビを治す?

温泉でも体がサラサラになると評判のミョウバン風呂。
ミョウバンで胸や背中のニキビが治ると口コミで広がったのが数年前。

 

元々は、汗かきの子供や、オムツかぶれが酷かった赤ちゃんのニキビやあせも対策療法として、ミョウバンが使われだしたのが発祥と言います。

 

本当にミョウバンで胸ニキビはキレイになるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ミョウバンにはニキビそのものに効果が?

ミョウバン(明礬)は、硫酸塩の一つで、現在市販されているのは、メーカーが合成したもので、カリウムミョウバンが大半です。
日本人の間では、すでにその薬効は温泉でも知られています。

 

ミョウバンには、肌がキレイになるという以前にニキビに効果がある作用があります。

 

人間の肌は弱酸性ですが、酸性であるミョウバンの働きにより、皮膚表面で雑菌が繁殖するのを抑える効果があるのが一番の特徴です。

 

古代ローマ人が、制汗剤として使用していた歴史もあり収斂作用もあります。

 

ミョウバンは、肌のタンパク質と結びつき皮膚上に保護膜を作ることで、発汗を抑える制汗と毛穴を引締める収斂作用を同時に引き出すことができるのです。

 

つまりお肌を引き締める効果があるので、収斂作用によりアトピー肌など皮膚トラブルにも効果があるとされています。

 

 

ミョウバン水を使って胸ニキビをキレイに治す

ここからは、ミョウバン水を使い、胸ニキビをキレイに治す方法を説明します。
ドラッグストアなどで手に入りますし、それほど高いものでもありません。

 

まずは、『原液』を作ります。

 

原液は、ミョウバン20gを500mlペットボトルに水道水500mlと共に入れ、よく振って混ぜて作ります。

 

それを水道水で溶かして、一晩置いておけばミョウバン水の完成です。

 

ミョウバン水は、原液20mlに対し、200mlのスプレーボトル一杯の水道水で希釈して作ってください。

 

基本は原液をさらに希釈した形で使用します!
原液でそのまま使うのは、刺激が強いので、注意してくださいね。

 

ミョウバン水を胸ニキビの気になるところに一日数回吹き付けると、特に白ニキビが治ってきます。
胸元に髪を下ろす癖のついている人は、こまめにするといいでしょう。

 

原液は冷蔵保存すれば数ヶ月は持ちますが、なるべく早く使い切ることをオススメします。

 

そして原液、ミョウバン水共々作る時は、水道水でなければいけない理由は、水道水には塩素が含まれているので、成分が安定しているからなのです。

 

スポンサーリンク


page top