妊娠中に胸ニキビができやすい?

妊娠中に胸ニキビができやすい?

妊娠経験のある女性の多くが体験していることですが、妊娠中に胸ニキビができることがあります。
特に妊娠初期の方は顔や胸などニキビの発生に悩まれる方が多いことと思います。

 

なかには、顔のニキビだけで胸はなかったという人もいるかもしませんが、いずれにせよ妊娠中はニキビができやすいことは確かです。

 

ここでは、なぜ妊娠中に胸ニキビができやすいのかを説明しています。

 

スポンサーリンク

 

妊娠中に胸ニキビができる原因は?

胸にニキビができる原因には、次のようにか挙げられています。

ホルモンバランスの変化
つわり

 

以上のような原因がありますが、なかでも多く取り挙げられているのは妊娠によるホルモンバランスの変化でしょう。

 

ホルモンバランスの変化

一度妊娠されると、体の中にある女性ホルモンが盛んに分泌されます。
プロゲステロンという女性ホルモンは、皮脂の分泌をどんどん出す作用があります。
ましてや胸には皮脂腺が集中している部位ですので、皮脂量が過剰に分泌されるのです。

 

正常にターンオーバーが働かなくなるので、結果的に皮脂量が多量になり肌の毛穴を詰まらせるわけですね。
毛穴に詰まった皮脂をエサに、繁殖するアクネ菌が元気になります。

 

このアクネ菌の繁殖によりニキビができます。

 

妊娠中はどうしてもホルモンバランスが崩れやすので、元気な赤ちゃんを生むために必要な生理現象ですから仕方がありません。

 

ホルモンバランスの影響によるものですから、あまり深刻に悩む必要はありません。
逆に、気にしすぎるとストレスで、胎児に影響を与えるだけでなく自分の体調に不良が起きたら大変なことになります。

 

将来、生まれてくる赤ちゃんのためにも、深く悩まずに適切なケアを心がけましょう。

 

 

汗によるもの

そして、次に多いのは汗。
妊娠すると、体質が変わりあせっかきになる方もいます。
これも、妊娠したことによるホルモンバランスの崩れで汗をかきやすくなる方もいます。

 

また妊娠中には体温が高くなるケースも多いため、汗をかきやすくなったという方も多いのです。
汗をかいて服や下着と擦れて胸にニキビができることもあります。
何気なく汗がかいてきたら、こまめに拭きとるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

つわりによるもの

妊婦さんは、つわりを感じることもあるでしょう。
つわりを感じると、食生活が一気に乱れてしまうかもしれません。
初めての方は、さぞかし大変だったでしょう…。

 

お米の臭いがダメだとかお肉が食べられないなど、食事の栄養バランスが崩れやすくなってしまいますよね?
何も口に入れたくいないし、フルーツだけで済ませる方もいらっしゃいます。

 

偏食生活による栄養バランスの崩れが原因で、お肌が荒れやすくなり、胸などにニキビができてしまうこともあるのです。

 

 

できるところからケアしよう!

胸という部位はそもそも下着や服がこすれやすい部位なので、肌荒れしやすいというリスクがあります。
妊娠中でなくてもニキビができやすい部位ですが、妊娠による体質の変化や食生活の変化などで胸ニキビができやすいというのは、一理あります。

 

妊婦さん専用のスキンケアクリームを塗ったり、吸水性が良く肌心地のいい下着や洋服に変えるという工夫もこらして、胸ニキビをキレイに治しましょう。
スキンケアを使い場合、妊娠中のお肌はとても敏感になりやすいので、弱酸性で天然のものを使うことをオススメします。

 

妊娠中の方々へ、元気な赤ちゃんを産んでくださいね!

 

スポンサーリンク


page top