大人の胸ニキビの原因

大人の胸ニキビの原因と種類

大人ニキビ、という言葉があることからもわかるように、大人になってからもニキビに悩まされることは多くあります。

 

したがって、胸のニキビは思春期のニキビの原因とはまた違うわけですね。
そして、大人ニキビには必ず原因があり、放っておけば治るというものではありません。

 

ストレスや睡眠不足、便秘や偏った食生活が原因で胸ニキビが多くなるのも、大人ニキビの特徴です。

 

ここでは大人の胸ニキビの原因を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ホルモンバランスの乱れが原因で大人の胸ニキビが?

一般に胸ニキビは10代よりも成人になってからできやすい部位です。というのは胸部分は皮脂が過剰になる部位で、成人になると皮膚や新陳代謝が衰えることも原因の一つです。

 

成人過ぎると、ホルモンバランスの崩れによる大人のニキビが発生しやすくなります。

 

 

度重なるストレスが原因で胸ニキビが?

あなたは今、ストレスを感じていますか?
ストレス解消のために、甘い物をたくさん食べていませんか?
また、ヤケ食いに走っていませんか?

 

ストレス解消だからといって、暴飲暴食は多量のニキビの発生につながります。

 

実は、ストレスとニキビとの深いつながりがあります。
一度、強いストレスを感じるいと、男性ホルモン値がアップして皮脂量が過剰に分泌してしまうのです。

 

男性ホルモンには、皮脂を盛んに分泌する効果があるので、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を助けてしまいます。
さらにホルモンバランスが崩れると、角質も固くなってしまいます。

 

固い角質ができてしまうと毛穴に蓋をしてしまうので皮脂や汗が溜まって、大人の胸ニキビの原因となってしまいます。

 

胸ニキビに限らず、他部位でもニキビが発生する背景に、仕事や複雑な人間関係の問題などが絡まっているかもしれません。
もし、あらゆるケアで行なっても改善が見られなかった場合、それはストレスが原因でニキビができてしまったと思ってください。

 

スポンサーリンク

 

汗っかきの人は胸ニキビができやすい?

サイズの合わないブラジャーの刺激でも胸ニキビができてしまうことがあります。
また通気性の悪い素材のブラジャーは汗をかいた場合、蒸れ、菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

体質的に汗がかきやすいのであれば、毛穴に詰まりやすい傾向があります。
胸の部位は皮脂腺が密集しているので、汗がかきやすいのです。
汗かいた状態が長く続くと、肌のph値がアルカリ性度へと変わり、雑菌が増殖して炎症を起こすケースもあります、
雑菌と言うのはアクネ菌のことで、毛穴に詰まった皮脂などをエサにして増殖する、実に厄介な菌です。

 

汗かかないための方法は、通気性のよい素材のブラジャーを選んだり、脇汗パッドを使うと効果的です。

 

 

原因を一つずつ除去しよう!

大人の胸ニキビができてしまった方には、できてしまう理由は必ずあります。
原因を追求することで、胸ニキビを治すための方法が見つかるはずですから。

 

毎日の生活を見直して胸ニキビを改善していきましょう。

 

 

胸ニキビの種類

胸ニキビと言っても、種類があるのはご存知でしょうか?
一般的なニキビの色は何かと聞かれると、白と答えると思います。

 

この記事を読まれている方は恐らく胸ニキビのことで悩まされていると思いますが、もしやポツポツと赤く腫れたような赤ニキビがありますか?
押さえると痛み出すのが赤ニキビですが、白ニキビがさらに炎症を起こして赤くなってしまった状態のニキビをいいます。

 

そもそも何が原因で赤ニキビが発生するのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

まずは胸ニキビの色をチェック!

まずは胸にできたニキビの色は何色か、どんな状態なのかを確認してください。
ニキビの色別と状況は次の通り。

白ニキビ

でき始めの時は小さくて白いニキビ。
毛穴に皮脂の塊が詰まって皮脂の出口が塞がている状態で、丘のように盛り上がって見えます。
白ニキビは毛穴が閉じているため、膨らんで黄白色に見えます。

 

黒ニキビ

毛穴に詰まった皮脂の塊の先端部分が空気に触れて酸化し、黒くなっているものです。
毛穴が開いて汚れやメラニン色素などで皮脂の塊が黒色に見える状態で、特に鼻の頭や頬の毛穴に見られます。
イチゴ鼻が分かりやすい例ですね。

 

赤ニキビ

黒ニキビがさらに悪化して、赤ニキビへと変化を遂げます。
赤ニキビは皮脂が腐敗して組織を傷ついてるため、コメドの周りが炎症を起こして赤く固まって盛り上がった状態になります。
盛り上がった状態のことを「丘疹」と言われています。

 

黄ニキビ

赤ニキビがさらに悪化して毛穴の中に膿がたまるので黄色く見えるニキビです。
ニキビの毛穴からやがて膿が排出されると腫れや痛みが増し、場合によって真皮層まで破壊することもあります。
結果的に皮膚にデコボコ、いわゆるニキビ痕が残ることになります。

 

色で見分けるニキビの悪化状況

白(ニキビの初期段階)

黒(毛穴の先端が開き、空気に触れて酸化した皮脂などが黒ずむ)

赤(皮脂の詰まった毛穴が炎症を起こし腫れる)

黄(赤ニキビがさらに悪化して化膿したもの)

 

ニキビはコメドと呼ばれる非炎症性の皮疹のことで、毛包内に細菌や皮脂、角質などの汚れが詰まった状態をいいます。
初期段階ですから痛みもありません。

 

 

胸にできた赤ニキビが痛い!

赤ニキビの段階に突入してくると、炎症が真皮の組織まで到達して破壊するので、強烈な痛みが出現します。
軽く触れるだけでも痛く感じるはずです。

 

そんな赤ニキビを何もせずに放置すると、今度は黄色く膿んで重大なトラブルにつながる場合があります。
また赤ニキビのケアを誤ると、色素沈着やニキビ痕を残す可能性も高くなります。

 

でも他のニキビと違って、急に赤ニキビとなることはありません。
早期段階からニキビを治さないと、ヒドくなるにつれて色が変化していくのです。

 

だからニキビができてしまった段階から、すぐにスキンケアを行い赤ニキビへの進行を防ぐことが大切なのです。

 

スポンサーリンク


page top