頭皮にあるのばニキビ?湿疹?どっち?違いは?

頭皮にあるのばニキビ?湿疹?どっち?違いは?

頭皮にあるニキビケアを行っていても、一向にニキビが改善されないと悩む人は多いのではないのでしょうか?
その背景には、もしかしたら何らかの皮膚病が潜んでいるかもしれません。

 

実は、ニキビに似た症状に脂漏性皮膚炎という皮膚病が存在します。
脂漏性皮膚炎は、ニキビとよく似ている湿疹で、原因も過剰に分泌された皮脂によるものです。

 

見た目は非常に似ているかもしれませんが、根本的に全く異なります。
それは、ニキビと違うのは原因となる菌の種類が異なるからです。

 

ここでは、ニキビの原因の一つである脂漏性湿疹について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

ニキビの正体は脂漏性皮膚炎?

ニキビも湿疹も皮脂分泌の多い頭皮や額の生え際、あごなどにできやすく、炎症を起こして膨らんだ赤いブツブツなどが見られます。
ニキビの原因は「アクネ菌」に感染して起こりますが、脂漏性湿疹は「カビ」が原因で起こります。

 

カビが原因で湿疹ができるなんて、恐ろしいですね…。

 

脂漏性皮膚炎の症状は、肌が炎症を起こして赤くなり、かゆみを伴います。また、皮膚が荒れてかさつくことにより、フケが多く出るようになります。

 

肌の赤みやかゆみはニキビにも起こりますが、フケが多く出るようであれば、脂漏性皮膚炎を疑いましょう。
チェックポイントは、フケが脂性で多量に出ていることです。

 

多くの方は「軽い炎症だから…」と、市販の軟膏で対処しようとします。皮膚のかさつきは保湿クリームを使用する人も多いでしょうが、それはあくまでも一時的です。
根本的に治療を受けないと、いつまでたっても脂漏性皮膚炎のままなのです。
普通のニキビであれば、多少放置しても問題ないのですが、脂漏性湿疹の場合は放置しておくと、生え際の髪が抜け、ハゲることもあります。

 

したがって、脂漏性皮膚炎はニキビと違って、マラセチア菌の繁殖が治まらないとすぐに再発しやすいので注意が必要なのです。

 

一時的に保湿クリームなどで症状を抑えるのは、誤った処置となります。実は、この保湿クリームがが刺激となり、症状がより悪化することもあるわけですね。

 

スポンサーリンク

 

ニキビが脂漏性皮膚炎なら皮膚科へ

とにかく脂漏性皮膚炎かもしれないと疑っているなら、たとえ軽い症であっても、炎症やかゆみ、かさつきが続く場合は早めに皮膚科の診断と治療を受けましょう。

 

脂漏性皮膚炎の治療薬は、抗真菌薬やステロイド薬の外用薬が用いられます。
また、症状によっては、尿素配合のクリームやローションなどが処方されることもあります。

 

洗髪する場合は、抗真菌剤が配合されたシャンプーを使うことをオススメします。
いずれにせよ素人判断では大変キケンですし、脂漏性皮膚炎の治療効果には個人差がありますから、「効果がない!」、「悪化している!」と感じた場合は、必ず医師に相談しましょう。

 

 

ニキビや湿疹へのケアを丁寧に!

脂漏性湿疹はニキビ同様、シャンプーやトリートメントのすすぎ残し、髪の毛の刺激、ストレスなどのホルモンバランスの乱れによって起こります。
ですので、皮膚を清潔に保ち、シャンプーやトリートメントはよくすすぐようにしましょう。

 

また、脂漏性湿疹は完治しにくく、症状が治まっても再発を繰り返すケースが多く見られます。軽度のものであれば、洗顔や毎日の入浴によって改善されます。

 

ですが、なかなか治りづらい場合や、ニキビなのか脂漏性湿疹なのかの判断に迷う場合は、迷わず皮膚科などの専門医の診察を受けようにしてください。
脂漏性湿疹に合った処方薬で割りと治療できますので、安心してくださいね。

 

脂漏性湿疹だったと分かったら、普段の生活習慣を一度観見直してみてください。
バランスの取れた食生活、睡眠をしっかり取る、といった規則正しい生活や好ましい生活習慣を送ってください。

 

意外と知られていないのですが、脂漏性湿疹専用のシャンプーやトリートメント、ボディソープなども販売されています。
これらは、低刺激で、脂漏性湿疹の原因となるカビを除去、殺菌する効果があります。

 

ニキビも脂漏性湿疹のどちらも清潔にすることで改善できますが、過度の洗顔は肌の皮脂を過剰に分泌させることがあるので、適度な回数にとどめることも大切です。

 

スポンサーリンク


page top