乾燥肌が大量の白ニキビに?

乾燥肌が大量の白ニキビに?

肌がカサカサしている乾燥肌の人は、水分もきっと少ないことと思います。
皮脂の量も同じく少ないので、小じわになりやすく、老化しやすい肌の状態になっているかもしれません。

 

乾燥肌の人は、黒ニキビや白ニキビが特にできやすくなっているので、要注意です!

 

では、乾燥肌と白ニキビの関係や乾燥肌を防ぐための方法について説明しています。

 

スポンサーリンク

 

乾燥肌が大量の白ニキビに?

自分の肌の状態はドライですか?オイリーですか?
肌の質によってケア方法が違ってくるので、事前に肌のタイプを確認しておくようにしてください。

 

次のように肌タイプのチェック項目を挙げてみました。

顔全体に皮脂量が少なくカサカサしている

→ドライ肌!

乾燥も脂もない

→ノーマル肌!

Tゾーン部分はやや脂っぽいけど、周りは非常に乾燥している

→コンビネーション肌A!

Tゾーン部分はやや脂っぽいけど、周りは少し乾燥している

→コンビネーション肌B!

顔全体がベタベタでギトギトで脂っぽい

→オイリー肌!

 

あなたの肌タイプはどれに当てはまりましたか?
今のあなたの肌の状態に合った適切なニキビケアを行いやすくなると思います。

 

タイプ別は以下のとおりです。

ドライ肌

皮脂量も水分量も全体的に少ないので、肌が乾燥しやすい傾向にあるため、黒ニキビや白ニキビが発生するリスクがあります。
保湿ケアを重点的に行うように心がけましょう。

 

女性に多く見られるタイプで、エアコンの効いた部屋に一日中デスクワークを行っていませんか?
季節や環境に応じてスキンケアを見直していくことが大切です。

 

ノーマル肌

皮脂量と水分量のバランスがベストな肌です。
今後もベストな肌の状態をキープして、ニキビの予防に努めましょう!

 

コンビネーション肌AB

皮脂が多く分泌する部位なので、白ニキビができやすくなります。
それぞれに合わせたケアが必要。

 

オイリー肌

皮脂の分泌量が多く、洗顔しても余分な皮脂が残るため、白ニキビができやすくなります。

 

 

乾燥肌の人なら保湿を与えて白ニキビ対策を!

肌というのは加齢とともに角質層の保湿能力や皮脂腺の機能が低下していくため、乾燥肌になることが多いです。
乾燥肌な人は、徹底的に保湿を与えるように心がけてください。

 

最近では、保湿効果の高い市販の化粧水やクリームもたくさん発売されているので、そういったものを日頃から意識して使うようにしていけば、白ニキビや乾燥肌で悩むこともなくなっていくでしょう。

 

寝る際には必ず化粧水のパックなどをすると肌に浸透しやすく、保湿がしっかりとされます。
季節問わず乾燥肌になりやすい人は、年中、肌が乾燥しないように意識してください。
もちろん保湿だけではなく、クレンジングや洗顔でもしっかりと汚れを落とした後には化粧水をつけ、たっぷりの保湿をしていきましょう。

 

これさえ守っていけば、乾燥が原因で白ニキビができることはないと思います。
適切なケアを根気よく続けていくと、1年〜2年で白ニキビが発生しづらい肌へと変わっていくはずです。

 

スポンサーリンク


page top